住宅環境改善素材

HINOMARU INDUSTRIES

正電フリーシート

電磁波過敏症の方へ

\炭の力で電磁波をシャットアウト/

室内の電磁波減衰、身体への影響を軽減
室内の電磁波減衰
身体への影響を軽減

正電フリーシートは、①室内の電磁波を減衰させる効果 ②体内に帯電した電気をアーシングさせる効果を持つ「電磁波対策」に特化した建材です。炭の和紙に特別な炭素繊維が織り込まれたシートを、床下や壁の内部に敷き、アースと接続することで、屋内配線から発生する室内の電磁波を減衰させ、体内に帯電した電気をアーシングさせます。

正電フリーシートの機能

室内の電磁波を減衰させる効果

床下や壁内の通る屋内配線からも電磁波は発生しています。家電製品はコンセント差し込み時しか電磁波が発生しませんが、屋内配線は一日中ずっと発生し続けています。そして配線が重なった場所からは特に強い電磁波が発生しています。このような住まいから発生する電磁波を減衰させるのが正電フリーシートです。

体内に帯電した電磁波をアーシング

電磁波の人体への有害性については、様々なところから警鐘を鳴らされています。発がんリスクや、子どもの白血病や脳腫瘍などの高い発症率。毛細血管が収縮して血流を悪化させる帯電障害や電磁波過敏症など。電磁波に囲まれた生活の中での様々な健康リスクを回避するため、体内に帯電した電磁波をアーシングさせます。

正電フリーシートの仕組み

飛行機のボディにも使用される
特別な炭素繊維を練り込んでいます

飛行機内では、電波計に影響を与えることがないよう、電磁波を発する携帯電話などの電子機器は使用できません。電磁波に対してデリケートな飛行機にも使用されている特別な炭素繊維を炭の和紙に練り込んだのが「正電フリーシート」です。

正電フリーシートとアース線を
接続することで電磁波を減衰

高い導電体である正電フリーシートは、シートとアースを接続することで電磁波(電界)の減衰効果が期待できます。※2階の床でもある1階天井裏は、配線が集中していて電磁波の影響を強く受けるので、電磁波の減衰効果が特に必要となります。

データで実証された電磁波減衰効果

目に見えないものだからこそ、専用機器で数値として効果を確認
電磁波減衰効果の人体への影響
電磁波の人体への有害性については、様々なところから警鐘を鳴らされています。
正電フリーシートはシンプルな施工法

①正電フリーシートを床面に敷き詰めて留めます。

②壁や柱にも正電フリーシートを敷き詰めます。

③正電フリーシートを屋外アースと接続します。

正電フリーシートについてのよくあるご質問

正電フリーシートは、特別な炭素繊維などを練り込んで作った「電界減衰と通電効果シート」です。このシートを床壁内部に敷き詰めた後、アース線と接続する事で、電界減衰と同時に室内帯電せず、外に逃がす事で電界を抑制できます。

リフォームの際でも可能です。但し、床を含めて大掛かりな施工になる場合もありますので、部分的な簡易対策をお勧めすることもあります。まずは気軽に以下の問い合わせフォームからご相談ください。

正電フリーシートは、湿気に強く経年変化を起こさないので、電磁波減衰する機能には最適で長期に使用できます。

電界の変化を最小限に抑制する事で、磁界を最小限に抑制するよう促します。磁界の届く範囲は、それほど遠くではありません。磁界が発生している製品から、数十センチ離れれば影響は極端に軽微になります。

電磁波でお悩みの方へ
施工希望の方は
工務店様におつなぎいたします

これまで、電磁波でお悩みの施主様から弊社に直接ご連絡をいただき、施工させていただいた事例が数多くございます。内容をヒヤリング後、電磁波対策に対応した工務店様におつなぎしますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

ENVIRONMENTAL IMPROVEMENT

※お急ぎの場合は電話連絡(研究開発部 TEL 082-284-2597)をお願いいたします。

〒734-0021 広島市南区上東雲町17-7
TEL 082-281-4291

Copyright © HINOMARU SANGYO. All Rights Reserved.